FIRE

今すぐ実践可能なミニマムFIREという選択肢

アバター

TAKU

米MBA卒/金融ライター/FIRE投資家
タイのバンコクでワイフと緩く暮らしてます。アメリカ株を中心としたポートフォリオを運用中。

こんな方におすすめ

  • 最終的にFIREを達成したい
  • 何十年も会社勤めはしんどい
  • 生活の自由度を上げながら資産を形成したい
  • 今直ぐに生活を変えたい!

どうもTAKUです。

FIREを達成するには4%ルールが目安となることが広く知られていますが、正直、それを達成するのはものすごく大変だと思うんです。

僕は学生時代から株に投資していて他人よりもスタートが早かったのでなんとかFIRE達成できたものの、大人になってからゼロからFIREを目指そうと思うとなかなか骨が折れます。

4%ルールでは年間支出の25倍を超えた時点でFIRE達成となるのですが、それに従えば数千万円規模の資産が必要になりますからね…

でも今からFIRE目指したい人に朗報があります。

僕が提唱するミニマムFIREであれば誰でも今すぐに実践可能です!

ミニマムFIREの発想

そもそもFIREはFinancial Independence, Retire Earlyの頭文字を取った略語であり、経済的な独立を保ちながら早期退職を達成することを意味しています。

簡単に言ってしまえば、人生の早い段階で労働と投資で必要な資産を形成し、後は自由に生きていきましょうってことなんですよ。

でも、これって欧米諸国で起きたムーブメントで日本人向けに設計されてません

どういうことかというと、終身雇用を前提とした給与水準が低い日本の労働環境では達成が難しいということなんです。

イメージ的には数千万円の年収があるシリコンバレーのプログラマーやウォール街の金融マンが人生の謳歌するための選択肢って感じですかね…

それでも僕はFIREは時間をかけて資産を成長させてあげれば日本の労働環境でもFIREできると思っています。

実際に自分もアラサーでFIRE生活に突入しているわけだし…

ただ、欧米基準のFIREを達成するのはやっぱり厳しいので考え方を少し変える必要があります。

そこで僕が提唱するミニマムFIREが登場するのです!

ミニマムFIREの考え方

ミニマムFIREという正式な言葉があるわけではないですが、僕は必要最低限なものを備えて実行する早期退職としてこの言葉を使っています。

また、ミニマムFIREは「できるだけ自由度を上げた生活の中で完全なるFIREを目指す道筋」とも言うこともできます。

FIREコミュニティでは年間支出の25倍にあたる資産を形成することばかりに注目が集まっていますが、それを直ぐに達成できなくとも、資産額が増えると同時に労働の負担が減れば人生の自由度は向上していくと考え、できるだけその状態に近づくことが重要だと、僕は思っているのです。

FIREを達成するまでの段階はグラデーションのようになっており、生活費を資産運用のリターンで全て補えないまでも、資産が大きくなるにつれて生活費のために労働をする必要性は自ずと薄れていくでしょう。

でも、結局働くんじゃん、とツッコミが入りそうだが、FIREはそもそも労働を排除する考えではなく、若くして自由を手に入れるということが目的なのでコンセプトは外れてないと言える。

僕もこうやってブログを更新したりするわけだし、FIREしたからと言ってアウトプットを無くしてしまえば暇になるだけだしね。

毎日8時間、職場に通ってヘトヘトになるまで働いている状態はFIREとは呼べないが、ノマド的な働き方で1日の内の数時間を仕事に充てることは、多くの人にとって労働に縛られていない自由な人生だと定義することができるだろう。

そして時間をかけて資産が成長すれば、いずれはFIRE達成となるわけだ!

ポイント

ミニマムFIREは…

  • 必要最低限な早期退職
  • ノマド的な生活と完全なるFIRE生活の間の段階
  • FIREを目指す道筋となり得る
  • 今すぐにでも実践可能

ミニマムFIREの条件

このミニマムFIREを継続するには次の3点を抑える必要がある。

  • 年間収入>年間支出を維持する
  • 資産運用を行う
  • 自由を害する働き方はしない

ミニマムFIREはあくまでもFIRE達成までの途中段階なので投資資金を増やしていくべきだ。

現状維持のままで良いというのならば、それはノマド的な生活であってミニマムFIREとは呼べない。

そのためには当たり前だが年間支出が年間収入を上回らない生活を送り、投資に使える余剰資金を生み出さなければならない。

これに並行して資産運用を行い、FIRE達成に必要な額の資産形成を試みる。

どれぐらいの時間が必要か、ざっくりとした目安としては以下のような表があるので貼っておきます。

*いろいろ計算の条件等は過去記事を参照

FIREムーブメントは能動的な人生を後押しする考え方

続きを見る

これに加え、基本的なことなのだが極力、自由を害さない働き方はしない。

リモートワークなどで自分が納得のいく仕事であれば良いのだが、毎日の時間の大半を奪われるような労働は推奨できない。

ミニマムでもFIREではあるのだから、極力自由度を上げる努力をすべきだ。

ミニマムFIREに必要な能力

ミニマムFIREを継続するにはいくつか身につけなければならない能力がある。

それをひとつずつ紹介していこう。

ノマドワークで収入を得る能力

収入を得ながら生活の自由度を上げるためにはノマドワークが最適だと考えられる。

既にプログラマーやデザイナー、イラストレーターなどの実用的なスキルを持ち合わせているのなら、フリーランスとして企業やクラウドソーシングサイトなどから仕事が取れる。

このようなスキルを持ち合わせていないのであれば、僕はライターとなることをお勧めする。

難易度は低く、伸び代もあるので今から始める人にぴったりだ。

ちなみに自分も会社員をやめた後は金融ライターとして活動していた。

どれぐらい稼げるかは、どの分野に特化するかに依存するが、金融に極振りした僕はめっちゃ稼いだ。

固定費を圧縮する生活力

できるだけ多くの投資資金を捻出する意味でも、日々の生活の豊かさを上げるためにも固定費を圧縮することは重要だ。

固定費は生活の中で毎月発生するコストのことであり、例えば、家賃や携帯料金、保険料などを指す。

収入が不安定になりやすいノマドワークを行うなら尚更、コントロールが効きにくい固定費は厄介だ。

固定費が圧縮できれば後は自分の裁量で消費や投資に回すことができる。

手っ取り早い方法で言えば、田舎に引っ越す、物価の安い海外に移住する方法がある。

個人的な意見では東南アジアや東欧に移住してしまうことが簡単かつ効果的だ。

家賃をはじめとする固定費が下がるのは当然だが、物価の違いから相対的に消費量を上げることができる。

ポートフォリオ管理

安定的なリターンを得るためにはポートフォリを構築してそれを適切に管理する必要がある。

ポートフォリオとは金融商品の詰め合わせみたいな物でFIRE達成および継続するための肝となる。

その管理と言っても分散投資を行い、時折リバランスする程度だ。

投資に関しては別に記事を書いているので参考にして欲しい。

インターネット資産の構築でFIRE達成を加速

金融資産とは知っての通り、現金や株式、債券のことで従来のFIREでもその重要性が認知されている。

対してインターネット資産の形成はFIREを柔軟に捉えるミニマムFIREの副産物的な要素だと言える。

何故ならインターネット資産を構築するにはある程度の手間をかける必要があるからだ。

これは見方によっては自由度を下げる選択肢かもしれないが、高額所得者以外がFIREを目指すのであれば、有効な手段になると考えられる。

そして何よりインターネット資産の構築はミニマムFIREと相性が抜群。

具体的にインターネット資産とは以下のようなものを指す。

  • ブログやホームページなどのウェブサイト
  • TwitterやYouTubeなどのSNSアカウント
  • ネットショップ

これらのインターネット資産を構築するにはある程度の手間をかける必要がある。

しかしながら一度軌道に乗って仕舞えばある程度の収入を確保する優秀な資産となり得る。

例えば、ブログのアフィリエイトで定期的な収入があればFIRE達成に必要な金融資産額をグッと下げることができる。

ブログから毎月5万円を稼ぎ出す場合、4%ルールに則って計算すると年間支出240万円の人が必要な金融資産は6000万円から4500万円にまで低下する。

ブログの例で言うと、収益化するまでにある程度の記事数を書かなければならないが、継続していくと徐々にストックが増えて行き収益も増加していくだろう。

フルタイムで働きながらのブログ運営はしんどいかもしれない。

しかしミニマムFIREを実践している段階であれば時間に自由が効くのでブログやその他インターネット資産の構築に時間が割ける!

これはフルタイムでバリバリ働いてFIREを目指す高所得者にはできない方法だ。

最後にあなたを後押しする言葉

ミニマムFIREはノマド的なライフスタイルを金融資産とインターネット資産で支えていくものだとも言い換えることができる。

十分な資産が構築できた段階でFIRE達成となるわけだが、最終的にそうならない可能性はあるのか?

長年アメリカ株に投資してフリーランスとして活動し、最終的にFIREを達成した僕の意見では、ルールさえ守っていればFIRE達成は目に見えている

その理由は、金融資産が勝手に増えていくから。

これまでアメリカ株式市場は年平均10%前後の成長率を示してきた。

これが未来永劫続くとは思っていないが、5年続けばあなたの資産は1.5倍、10年続けば2.5倍、20年続けば6.5倍以上に膨れ上がっている。

それにミニマムFIREを継続すれば生活力とノマドワーカーとしてのスキルが高まっていくのでそうそう死ぬことはない。

株式市場がダメになったとしても、何らかの生きる術は身についているだろう。

なので必要以上に恐れることはない。

引越しとノマドワークの準備だけしてミニマムFIREを実践すべきです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

TAKU

米MBA卒/金融ライター/FIRE投資家
タイのバンコクでワイフと緩く暮らしてます。アメリカ株を中心としたポートフォリオを運用中。

-FIRE

© 2021 TAKU BLOG Powered by AFFINGER5